by Rainbow School
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ロッキー』の “I love you.”
シルヴェスター・スタローンの『ロッキー』という映画を観たのは39年前。すぐに主題曲のEP盤レコードを買って腕立て伏せなどをやり始めました(バカだね)。最後の場面は、物まねが出来るほどです。

「エイドリアーン、エイドリアーン」潰れた眼の瞳を彷徨わせて、必死に恋人の名を呼ぶロッキー。
「ロッキー、ロッキー」観客席から、リング上のロッキーのもとに駆け寄るエイドリアン。
互いを確認し、ロッキーの眼をしっかり見詰めてエイドリアン言う。「アイ・ラービュー」
ロッキーがそれに低い声で答える。「アイラブ・ユー」

映画史に残る、とても感動的な場面。でもその時自分は、本能的に「違うでしょ!」と心の中で叫んでいた。天の邪鬼といえば天の邪鬼。でもハリウッド映画を観るたびに、「なんだ、また最後は愛かよ」と、その「LOVE」の押し売りにはもうウンザリしていました。以来、「愛」という言葉を口にすることさえ憚(はばか)れるようになってしまいました。

ところが、今は堂々と「愛」と言う。「愛」がもっとも大切とまで言う。このブログでも何度も強調しています。以前と比べたらもの凄い変化なのですが、でもハリウッド式の「愛」を認めたわけじゃないんですよ。やっぱりあれは違う。

特定の人が愛しい、恋しい。いつも一緒に居たい。離れていると寂しい。私がこれほど求めるのだから、同じように私にも返して欲しい。そうやって一体感を共有したい。自分が価値あるものだということを確かめたい。

これは果たして「愛」なのかということです。互いがそれを欲し、与え合うという関係が続いている間はそれでもいい。いわゆる「ラブラブ」という期間です。ところが、相手が自分以上には与えてくれないと感じ出した途端、そこに亀裂が入ってしまう。それが更に進めば、「愛」だと思っていたものが「憎しみ」にまで転じてしまう。

そんなものが「愛」なのかということです。仏教の方では、これを「渇愛(タンハー)」と言って、煩悩の一種だとしました。「愛」という一見美しい言葉で包んでいても、それは自分の中の所有欲、支配欲、依存心、性欲、等々を満足させたいだけなんですよね。

だから、芸能人カップルが「ラブラブ」の期間が終わった途端、みなあれほど破局へと進むのです。芸能人というのは、基本的に自己顕示欲が肥大した人たちですから、本当の「愛」というものに対しては、そもそも感覚が鈍い。逆に言えば、その分本当の「愛」への渇望も強いわけで、これがしょっちゅうくっついたり離れたりする理由です。

男と女が出会う時には(同性の場合もありますが)、先ずは本能というものがあるので、最初はハリウッド式の「LOVE」であっても構わないとは思います。しかしいつまでもそうであっては成長がありません。

「愛」の本質というものは「獲得」にあるのではなく、むしろ「滅私」にあるのであって、自分の中に眠る所有欲、支配欲、依存心、性欲等々を、逆に手放して行くようでなければならない。これがいわゆる「無償の愛」です。ですから、少しずつそのような心境になれるように、自分というものをコントロールして行くことです。

そこに自覚のない人は、いくつになっても「いい男がいない」だの「私はDV男にばっかり会う」などと言い続けている。そんなものは根本的に間違っている。原因はその人自身にあると気づかなければ、始まるものも始まらない。
結婚観・恋愛観
40代のある女性からこんな話を聞きました。その方はちなみに独身です。
大学の入学時に、親からこうきつく言われたのだそうです。「学費を出して上げるんだから、四年間しっかり勉強しなきゃダメだよ。学業が本分なんだから。言い寄る男がいたとしても、そんなのにうつつを抜かしてちゃダメだよ」と。そして、彼女はその言いつけを忠実に守ったのです。

ところがめでたく卒業したら、親から今度はこう言われた。「これで大学も無事卒業できたし、あなたも早くいい人見つけて、さっさと結婚しなさいよ」。
そこで彼女はハタと困ってしまったんですね。急にそんなことを言われても、男との付き合い方が分らない!

それを聞いて、私は「なるほどねぇ」と思いました。同じような経験をした人が、結構おられるかもしれませんね。

動物を見れば分かるように、お年ごろになれば、オスとメスはくっつくものです。それが自然な流れというものです。ところが人間は、そこに余計な観念を持ち込んで、その自然な営み、流れを断ち切ろうとする。「結婚」とか「純潔」といった概念です。なぜそんなものを押し付けようとするのか、それによって、何が得られるのか。

「結婚観」とか「恋愛観」というものは、体験をいろいろと重ねることによって、その人の中に自然と醸成されていくものです。それが人生における学びというものでしょう。その中には当然、選択ミスや判断ミスもある。しかし失敗経験こそが、その人を大きく成長させる基になるということを忘れてはなりません。

要は、あのとき「失敗」に思えた経験を、その後に、どう自分の中でプラスに転換して活かすかということです。その意味では、人生に何一つ「失敗」などありません。ですから「失敗」を怖れて、社会通念が示す既定路線、親が示す規定路線をそのまま受け入れたのでは、人生における学びがほとんど得られないことになってしまいます。

可哀想に、彼女は大学生時代に受けた親からの刷り込みが、あまりに深く入ってしまったために、その後は男性恐怖症に陥って、結局「結婚」というものが出来ずに来てしまったわけです。

社会通念など、国や地域や宗教によって大きく異なります。以前にも書きましたが、日本や韓国では結婚前の同棲はタブーですが、逆の考えの国も多い。一緒に暮らしてみて、伴侶として相応しいかを見極めずしてどうして「結婚」が出来るのかというわけです。私は、こちらの方が合理的な考え方だと思います。

ですから、個々人の思考や行動を信じずに、借り物の観念を押し付けるということは、またそれを受け入れてしまうということは、その観念に負けてしまって、自分から自由を奪い、自分で自分を牢獄に入れるということなんですよね。なぜ、自分に鍵を掛けるのですか?

あなたはどこまでも自由であり、自分で思考し、行動する権利が、あなたには本来的にあるのです。
エロスの愛について
愛には、エロス(性愛)、フィリア(隣人愛・博愛)、アガペー(真の愛・神の愛)と、三段階があるということを別のところで述べましたが、今日は七夕ということで、エロス(ερως, eros)の愛についてもう少し深くお話したいと思います。

エロス(エロース)は、男女間の恋心にからむ愛のあり方を言っていることから「性愛」と訳されるのですが、そこには当然ながらセックスも含まれています。これはエロスの愛が、感情を司る第三チャクラ(マニピューラ)だけではなく、その下部にある第二チャクラ(スワディスターナ)の影響も受けているからです。

スワディスターナ・チャクラに対応した内分泌腺は男女ともに性腺であり、日本語でいう「エロ」は、元々はエロスのことなのですが、肉欲的な部分に特にフォーカスを当てた言葉になっているわけです。しかしエロスは、相手を恋しいと思う気持ちからセックスまでの、一連の意識のあり方を言っている言葉です。

さてこの恋心なのですが、「恋しい」という気持ちは、その相手を獲得したいという願望なのです。運よく両者の思惑があって、結婚に漕ぎつけ、式場で永遠の愛を誓う。この誓いには、浮気をしないということと、どちらかが死ぬまで喜びも悲しみも共に分かち合う、ということが含まれていて、みんなその時はしおらしく「ハイ」と言うのですが‥‥これが守られないんですよねぇ。

アメリカでは結婚したカップルの2組に1組が、日本では3組に1組が、その後離婚しています。しかしこれは、現代社会では仕方がないとも言えます。

「恋しい」という気持ちは、自分の相手に対する恋慕を、何としてでも満足させたいという感情であって、多分に自己中心的なのです。だから「恋しい」相手が、他の異性の方を振り向いたりすると、嫉妬心が沸いて腹が立ってくる。これは本当に相手を愛しているわけではなくて、自分を満足させたい、要は自分を愛しているだけなんですね。

ところが、ラブラブの間は、熱くなって錯覚しているものだからそこに気づかない。結婚して一緒に生活してみて、初めて「あ、この人は自分を愛しているわけじゃないんだ」「独善的なだけだったんだ」と気づく。そして破局を迎える。しかしそう言っている本人自身が、独善的なことに気づいていないわけで、まぁお互い様だったということです。

そのように、自己愛とか自己執着が非常に強い段階では、感情が激しく揺れ動きます。自分というものを客観視する余裕がまだないのです。そして激しく揺れ動く気持ちを「大恋愛」などと錯覚している。ですから自己愛が強い人ほど、心が不安定で、満足というものを知らず、自分が愛されることばかり考えており、他者を愛するということができないのです。

心が治められないという人は、一度じっくり自分を振り返ってみるといい。その背後に、自己愛、自己執着、自分を守ろうとする気持ちが、どの程度まだ残っているかを。両者は完全にリンクしており、このことは、心を治める上での重要なヒントを与えてくれます。つまり、自己愛を手放して、利他愛に目覚めれば、自動的に心も治まっていくということです。

これが本当に解った人は、「なぁんだ、こんなに簡単なことだったのか」と思うはずです。ところが、これがなかなかできないのですね。自己愛の自己愛たるゆえんです。
もっと恋愛を、Sexを
「晩婚化」という時代がとっくに通り過ぎて、最近では「異性の恋人を必要としない」と思う若者たちが増えているようです。なぜそうなのかは分かっていません。しかしホルモン分泌の変化と、何らかの関係がありそうです。下世話な言い方ですが、いわゆる「やりたい」という気持ちが昔より随分低下しているようです。

これには進化が絡んでいるという説もあります。チンパンジーのメスは、発情期になると群れのオスのすべてと交尾をするそうです。すると精子間で競争が起きるので、精子はもの凄く活発に動き回る。ところが人間の男性の精子の、実に85%は不良品でまったく元気がない。

一夫一婦制を採用した人間にはこうしたメカニズムが働かなくなったというのです。ですから、不妊に悩んで人工授精などをし続けると、ますますこの傾向に拍車がかかるのではと懸念されています。

また性染色体が、女性はXX、男性がXYということはご存知だと思いますが、Y染色体が男性にのみ1本単独で存在するため、突然変異などで遺伝情報を失ってしまうリスクが高く、形態的にも小型化する傾向にあるというのです。よくいう「草食系男子」というのは、あながち根拠のない話でもなさそうなのです。

一方、こんなデータもあります。避妊具メーカーのDurex社が発表した「性生活幸福度世界調査」によると、調査対象の41カ国中、セックス頻度において日本は年45回(月平均3.75回)とダントツの最低、満足度も24%でワースト2(1位は中国の22%)なのです。これをどう考えるかということですが、特殊な状況であることだけは間違いないようです。

詳しい比較データはこちら ▶︎

気がつけば、未婚の男女がゴロゴロ。親や周囲は「早く結婚しろ、結婚しろ」と言うけれど、私はそれは違うんじゃないかと思います。日本の場合は「結婚」という言葉が、オブラートの包みのようになっていて、本質をマスキングしていると思います。本当は、「もっと恋愛しろ、Sexしろ」と言うべきなんです。

恋愛もSexも、コミュニケーションの一手段です。その学習機会を逃すなよ、と言ってあげるべきなんです。「結婚」なんてものは単なる制度ですから、時代とともに変わる。ですから「結婚」概念が変わって来ているところにもってきて、「結婚しろ、結婚しろ」と言っても意味がない。

みんな、未婚や少子化といったことを問題だと捉えているのですが、そういうものは枠組みや結果の話であって、本当の問題は、日本人がコミュニケーション下手だということ。そこを解消する努力をしていかないことには、どうにもならない。自分からも、社会からもバリヤーを解いて、「もっと恋愛しろ、Sexしろ」と奮起しましょうよ。
運命の赤い糸
お正月、お参りに行って縁結びの神様にお願いした人も、きっと多いことでしょう。俗にいう「運命の赤い糸」。これって、本当にあるのでしょうか?
答えはあります。それどころか、人生の「縁」の殆どは、様々な色の糸で、あらかじめ結ばれているのです。

ですから、別に縁結びの神様にお願いしなくても、時期が来て、自分が行動していれば、縁ある人と出会い、場合によっては結ばれてしまいます。でもそれは不思議でもなんでもないのです。なぜって、あの世にいた時に、自分がそのように設計(Design)して生まれて来ているのですから。

「運命の赤い糸」はある。でもそれは、あなたが考えているようなものではないかも知れません。「赤」は情熱の赤、バラ色の赤、太陽の赤だけとは限らない。闘争で流れる血の赤、全てを燃やし尽くす炎の赤かも知れないのです。どちらにせよ、その「縁」はあなたがあらかじめ設計して来ているのです。

なんのために? そのことを通じて、本当の「愛」とは何かを学習するために。ですから、結婚はゴールじゃないんです。それは単なる節目。「縁」が生じた時がスタートで、その「縁」が終わるまではずーっと学習期間なんです。

ではどんな学習が、いちばん効果が上がるでしょうか? それは「気づき」です。漢字を一つ覚える、数学の公式を覚える、そういう地道な積み重ねももちろん大事です。しかし、それまでの自分の思い込みや捉われが解消された瞬間、人はジャンプするんです。それが「気づき」です。

ではどんな訓練をすれば、体が鍛えられるのでしょうか? それは「負荷」を与えることです。無重力状態で長期間過ごした宇宙飛行士は、地球に帰還した時、もう自力で立つことすらできません。筋肉が落ちてしまうからです。ですから、適度な「負荷」は、自分を鍛えるためには欠かせません。

では「気づき」と「負荷」を同時に与えてくれるものとは何でしょうか? それは、辛い体験や、不幸な出来事から生じる苦しみです。だからこそ、それを織り込んで「縁」を設計し、人は誕生してくるということです。今それを思い出してください。それを設計したのは他ならぬあなたなんですよ。

だとすれば、いつかどこからか降ってきやしないかと、「運命の赤い糸」をただ待ち続けることの馬鹿馬鹿しさにお気づきでしょう。映画にハッピーエンドはあるけれど、人生にハッピーエンドなどありません。あるのは今だけ。今を受け止め、今の課題に向き合い、そこで自分が設定していた「これだ!」というものを掴むんです。
愛の測定
「愛の測定」しちゃっていませんか?
電話が来ない。メールが来ない。話を聞いてくれない。大勢でいるときに他の人を見ている。贈り物が安っぽい。‥‥etc.
もう私への愛は無くなっちゃったのだろうか?

でもちょっと待って。
その物差しは、あなたの基準でしょ。たった1本の電話が来ないからって、愛全部を判定するなんておかしいじゃありませんか?
相手にだって、生活があり、意識があるんです。

いや、相手は、本当にあなたに飽きているのかも知れません。遠ざかりたいのかも知れません。
だとしたら、「愛」というもののあり方を見つめ直すチャンスです。
すべて人間関係は、破綻したときに、真の自己を知るチャンスが訪れるのです。