by Rainbow School
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自分自身をドライブして生きる | main | 若い魂 >>
喉の渇きと見えない泉

男は、山の頂きになんとしてでも達しようと、歩みを重ねていた。

だが登坂は容易ではなかった。

強い日差しが照りつけ、足を踏み出すたびに、全身からどっと汗が吹き出した。

七合目に差し掛かった時、強い喉の渇きを覚えたので、男は水筒を取った。

しかし水筒の中には、もうほんのわずかな水滴しか残されてはいなかった。

頂上まではまだ随分ある。このままでは持たない。

男は、どこかに水源がないだろうかと辺りを見まわした。

 

その時、一羽の白い小鳥がやって来て、男の耳許で囁いた。

この上の、10メートルほど上がったところに、泉があるよ。

男は喜んだ。

だが、それは見えないし、そこへ行くためには急峻な崖を登らなくてならない。

これは相当な難儀だぞと男は思った。それに危険でもある。

その時、一羽の黒いカラスがやって来て、男に近寄り、耳許で囁いた。

下を見てごらん。100メートル下ったところに小川があるよ。

言われて、男は眼下を見た。木々の間にチラッと小川が見えた。

そのとたん、今すぐにでも駆け降りてがぶがぶ飲みたい、強い衝動に襲われた。

 

が、待てよ、と男は考えた。

小川の位置はここよりもかなり下だ。

せっかくここまで登って来たのに、また降りるなんてのはな。

でも駆け降りるのは、登るよりもずっと楽だし、それに早い。

ああ、どうしたらいい? 今すべきことは‥‥。

優先順位なら、とりあえずの、この喉の渇きを癒すことだ。

いったん降りて、鋭気を養って、それからまた登って来たっていいじゃないか。

 

さて、どうする? 男は自問自答を繰り返した。

白い小鳥は、崖を登れば泉があると言っていたが、本当にあるのだろうか。

男の心に疑念が湧いた。あの小鳥の言葉を信用していいものだろうか‥‥。

迷いに迷った。

そのうち、ふと、そうだ!と直感がして、男は眼を閉じた。

そして、心を静めて、内なる者の声に耳を傾けた。

1分、2分、3分‥‥。

ほどなくして、声がやって来た。

頷くと、男はその声に従った。