by Rainbow School
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ネガティブな出来事を、覚醒へのチャンスに利用する | main | 5月のイベント中止のお知らせ >>
続・ネガティブな出来事を、覚醒へのチャンスに利用する

コロナウイルスの感染拡大によって世界が騒然としています。しかしこれは、まだ序章に過ぎません。この騒動をきっかけにして、世の中の大規模な建て直しが、これから徐々に進んで行くのです。しかし、同じ場所に、新しい建物を建てるには、その前に旧い建物を壊さなければなりません。

 

親しい人たちには、近々「バルブの崩壊」がやって来るよ、と言って来ました。キーを打ち間違えたのではなく、本当に「バルブの崩壊」。バブルというのは、生ビールをジョッキに注いだときに浮かぶ泡の部分でしょ。そこが吹き飛ぶ、というのが「バブルの崩壊」。今回は、その程度の話では済まない。生ビールを供給していたタンクの「バルブ」がクラッシュする。早い話が、バブルの大元である金融システムそのものが崩壊するということです。『熟れすぎた果実』2019/10/22

 

その崩壊の影響はコロナ騒動の比ではなく、今日ただいまの市民生活を直撃します。経済活動が回らなくなってしまうので、連鎖的な企業倒産が起こり、失業する人たちも膨大な数に及ぶでしょう。そこで、緊急的にどうするか、当面どう凌ぐか、という問題とともに、旧来の社会システムへの根本的な問いかけや、生き方の見直しと価値観の大転換、そして新しい社会システムの構築に向けて、模索が一気に進むことでしょう。『崩壊へ向かう世界、その中にある希望』2019/09/01

 

ここで、みなさんは選択を迫られることになります。何かを守ろうとして、あくまで旧い社会システムにしがみ付く道を選ぶのか、それとも、こいつはいいチャンスだと思って、今までの価値観を見直し、己の生き方をすっかり変えてしまうのかどうかです。世の中がひっくり返ることや、自分の生き方をひっくり返すことは、一面においては恐怖です。でも、ドキドキとウキウキはスイッチできる。意識を変えさえすれば、未曾有の大変化にも、大いなる希望を見い出すことは可能なのです。

 

恐怖が、何から生じるか分かりますか? 「執着」ですよ。いま持っているものを失いたくないという執着が、恐怖を生じさせるのです。財産を失いたくない、家を失いたくない、家族を失いたくない、恋人を失いたくない、ペットを失いたくない、仕事を失いたくない、地位を失いたくない、名声を失いたくない、美貌を失いたくない、健康を失いたくない、命を失いたくない、etc.。これら、すべてが執着です。ですから、一切の執着を持たなければ、恐怖は消える。

 

ある方から、欲とエゴとの関係について質問をいただきました。食料の備蓄はエゴに当たるのかというものです。そのように、頭で考えて、これはセーフとかアウトとかの線引きをしないようにしてください。それもまた執着になってしまいますから。前回の記事で、トイレットペーパーの買い占めのことを書いたので、ふとそんな疑問を抱かれたのでしょう。

 

人は、物理的な世界に生きていますので、当然ながら物理的な制約を受けます。ご飯も食べればウンチも出る。食欲というものがもしもなければ、生体を維持していくことは難しくなりますし、性欲がなければ子孫も誕生しません。また意欲がなければ、仕事も、創造活動も、人助けも出来なくなってしまうことでしょう。釈迦だって、イエスだって、人々を救いたいという大欲を抱いたのです。ですから「欲」そのものが悪いわけではありません。

 

問題は「我欲」と「執着」です。人は、善いと言われることにしろ、悪いと言われることにしろ、「行為」にばかり目を向けてしまいがちです。ですが、大事なのは「行為」ではありません。「行為」につい目が向いてしまうのは、身体である自分が自分だと思っているからです。それを当然だと考えている。でもそうではなくて、何かを為している際の「意識」のあり方が問題なのです。

 

お米を向こう3カ月分くらい備蓄しておくとしましょう。その際に、どういう「意識」でそのような行動をしたのか。そこに「我欲」と「執着」はなかったかどうか。今日のおやつに、好物のチョコレートケーキを食べたとしましょう。そこに「我欲」と「執着」はなかったかどうか。「ああ、楽しく美味しくいただきました。ありがとう」と言って、チャンチャンでおしまいにしてしまえば、「執着」は起こらない。

 

そのようにして、あなたが為す一切の行為について、何も「執着」を持たなければ、失う恐怖というものがそもそもないので、苦しみもなくなり、いつもハッピーでいられるのです。ですから、「今ここを生きる(Be here now)」なのです。要は、この世のすべては「うたかた(泡沫)」であることを知って、どんな一瞬も楽しく生きて、全部忘れてしまえばよいのです。

 

実に、簡単な理屈です。

 

でもこれが、なかなか出来ないんですよねー。「我欲」と「執着」に見られる特有の性向は、その人の過去世にまつわるカルマの発露ですし、教育や社会を通じて、「もっと我欲を出せ、もっと執着を見せろ」と、さんざん吹き込まれていますからね。そっちの方が正しい生き方だとされて来たし、「執着」を捨てる生き方なんてバッカじゃなかろうかと思われている。いや、いた。

 

だけど、この先はそうはいかないんですぞ。「執着」を捨てられない人ほど、苦しみに喘ぐようになりますからね。しかも、それだけじゃない。この世で「死」と言われる段階を迎え、身体を脱ぎ捨てて意識体だけとなった時、「執着」は次のカルマの種子になります。通常ならば、そのカルマを清算することをアジェンダ(課題)として、また来世に転生して来るわけですね。ところが、それを迎え入れる器(身体)も、場所ももうないのですぞ!

 

なぜなら、地球自体がアセンションしてしまうから。アセンション後の地球には、アセンションした「魂」しか住めなくなるから。未だ幼稚園レベルの「魂」というのでは、小学校には入れて貰えない。入学拒否に会うんですぞ。脅しているわけじゃないけど、入学拒否をされた魂は、行き場を失って、浮浪児のように霊界の裏通りをうろつくしかなくなるんですぞ。何万年、何十万年とね。

 

だから、何がなんでも、このチャンスをものにしなさい! アセンションを成し遂げなさい!

 

えっ、自分は裏通りの方が好きだって? 盛り場もあるし‥‥って。

あなたねぇ、もう。

そういう人は勝手にしなさい!

 

でも、あなたはそうじゃないよね。

残りの人生をかけて、死に物狂いで取り組みなさい。

なあに、死に物狂いと言ったって、ただ「執着」を捨てればいいだけなんだから。そうすりゃ自動的にアセンションしてしまうんだから。

 

何も、いちどきにぜーんぶ捨てられなくてもいいんですよ。引越しで家を空っぽにするまでには何日も掛かるでしょう。前に上げた代表的な執着品のリスト。中には、私にはそれはないなとか、他者の執着している様子を見て、自分にはそれがどういう感覚かよく分からない、というものだってあるでしょう。その感覚を、自分が執着している対象にも拡張して行けばいいんですよ。

 

例えば、名声に対する執着はない、でもお金に対する執着はある、としましょう。名声なんてものには興味はないのに、どうしてお金には執着心があるのか。その違いはどこから生じているだろうのか? と見つめ続けてみればいい。そうすれば、だんだんと執着心は薄まっていきます。なぜか? お金というものに埋没していた状態に、観照者の視点が入ることで、貼りついた意識を剥がすことが出来るようになるからです。

 

さらに、決定打となる認識をそこに付け加えてください。これも、いつも言っている通りです。あなたの周囲に展開されている現実はみんな「幻」だということ。その「幻」の世界を、あなたは、自分を主役とするドラマを演じているのだということ。あなたにとっての重大事は、演じている際に遭遇する体験を、どのように味わい、そこからどんな「気づき」を得たか、だけなのだということを。それ以外の一切合切は、変化し、やがて形を失ってしまうものなのです。

 

古代より、多くのメッセンジャーが、みな同じことを語って来ました。実に、あの手この手を駆使してね。でも、この「真理」に目覚める人は、いつの時代もほんの僅かしかいません。それほど、エゴの誘惑と、執着のボンドが強力だということです。そこで私も、今の時代の人々なら理解できるであろう、あの手この手を駆使して説明してきたわけですが、今日は別の角度から説明を試みることにいたしましょう。

 

図1を見てください。私たちが今いる宇宙は、すべて振動するエネルギー体によって出来ています。この振動するエネルギー体は、元をたどれば、たった一つの究極の元素とでも呼べるものに還元されてしまいます。しかし、そのたった一つが、振動数を変えることによって、様々な性質に変化し、さらに同質のものが集まるという「波動の法則」によって、あるものは「生命力」に、あるものは「魂」に、そしてあるものは「物質」に顕現しているのです。

 

この、多様な振動数が集まって構成された宇宙は、大きく三つのパートに分類されます。

一つは「物質界」です。もう一つは非物質的世界で、通常は「霊界」と呼ばれています。この「物質界」と「霊界」との中間領域に、文字通り中間である「半霊半物質界」があるのです。

 

この大まかな三つの分類方法に関しては、神秘を探求する各種のグループにおいて、名前の付け方はあれこれありますが、宗教や洋の東西を問わず、ほぼ共通の認識となっています。

 

ところが、これをさらに分類した際には、細かな違いがいろいろと出て来ます。名称や定義づけもバラバラですし、特定宗教を信じる信者は、その宗教の教義を鵜呑みにしますので、もうしっちゃかめっちゃかの状態。結果として、人々の理解がちっとも進まないという状態が続いているのです。

 

しかし、これは変ですよね。宇宙は誰にとっても一つなのですから、理解を助けるためにも、分類法は共通にした方がよいと思うのです。そこで「虹の学校」では、これを7階層に分け、スッキリした形に整理したのです。また、従来は「次元」と言っていた言葉も、数学的次元(dimension)との混同を招きやすいので、「霊性密度(spiritual density)」という言い方をなるべくしていくように改めたのです。

 

この7階層に分ける分類法も、「霊性密度」という名称も、オリジナルというわけではなく、「オクターブの法則」としてすでにあったものです。それがいちばん解りやすいと思われたので、そのモデルを拝借することにしたわけです。なぜかと言いますと、人体上にある7つのチャクラと宇宙との関係が明瞭に説明できる上に、「アセンション」が、第3霊性密度から第5霊性密度への飛躍であるという意味も、容易に理解できるようになるからです。

 

さて、私たちは地球という物質界にいて、なんとかして宇宙の全体像や仕組みを知りたいと思い、あの手この手の模索を繰り返しています。しかし、「非物質界(霊界)」を見たり、観測したりすることは、通常の方法では出来ないのです。(いわゆる「見えない世界」)ところが、「半霊半物質界」には、半分は物質化をしていますので、この領域には、霊的性質が時折り顔を覗かせることがあるのです。みなさんがよく知っている存在に幽霊があります。

 

この中間領域(第4霊性密度)を知覚する能力に秀でた人がいて、この人たちは霊能者と呼ばれます。ところが、霊能者の大半は、第4霊性密度でキャッチした情報を、神からの言葉として下ろしているのです。それは悪意からではなくて、霊能者自身が本当にそうだと信じているのです。しかし、この人たちは第5霊性密度以上の、本当の霊界にはアクセス出来ないのです。なぜかは、もうお分かりですね。

 

エゴの執着を捨て切れば、何の努力もなしに、自動的に第5霊性密度へジャンプする。ところが、霊能者の大半はむしろエゴまみれで、霊能を付加価値にして高い見料をふんだくるというありさまですから、ジャンプなど出来る訳がありません。でも、一般の方々には、第4霊性密度と第5霊性密度以上の世界の区別がつきませんから、不思議世界の話などをされると、「そうかぁ」と思って、その領域に簡単にハマり込んでしまうのです。

 

エゴと、宗教と、オカルトを信じている限り、アセンションは不可能という理由はそこです。アセンションするということは、エゴ(第3霊性密度)の世界を捨てて、宗教とオカルト(第4霊性密度)の世界に落ち込まず、その領域を跳び越して、さらに向こう側へ行くということなのですから‥‥。地上に身体を有したまま、意識だけは第5霊性密度へと上げるのです。それがアセンション。

 

そんなことが自分にも可能なのか? 可能です。いま言ったばかりじゃありませんか。身体を含めた物質界はみな「幻」なんですよ。だとしたら「意識」しか残らないじゃありませんか。その「意識」を、第5霊性密度へジャンプさせればいいのです。ただ、それだけ。ところが、みなさんは、毎日そうしたいと願いながら、毎日それに失敗している。それはなぜかと言うと、地上から宇宙を眺めるというクセが、どうしても抜け切れないからなのです。(図1)

 

霊的世界はこうだとか、宇宙の階層構造はこうなっているとか、真理の法則はこうなんだという話をなんど聞いても、その瞬間は「解った!」と思ったのに、数時間もするとまた元に戻ってしまう。それは、肉体を持った自分が自分で、現実という世界がここにあって、時間がある、という地上の論理に、すぐさま絡め取られてしまうからです。「地上から宇宙を見る」というクセが、どうしても抜けない。あなただけではなく、哲学者も、科学者も、宗教家も。

 

ですから、地上の世界にいて、宇宙を覗こうとするこのクセを、あなたは止めなければなりません。ここが重要なポイントです。あなたがアセンション出来るかどうかの分かれ目です。地上に軸足を置いて宇宙を見るのではなく、逆に、宇宙から地球や人間や自分自身を見るのです。そうすれば、過去にお伝えして来た様々なことがらも、これからお伝えすることになるであろうことも、すべてをすっかり理解することが出来ます。ユーレカ!(eureka)と。

 

図2を見てください。

「物質界」というのは、宇宙全体からみれば、局所的に存在する特殊世界でしかないのです。むしろ「非物質的世界」の方が、はるかに広大無辺なものなのです。

その広大な「非物質的世界(霊界)」に抱かれて、その中に、振動数を落とした物質的宇宙が局所的に存在しているのです。

 

*広大無辺:厳密に言えば、時空間という概念がそもそもないので、我々がイメージする「広大」とは異なります。無限の宇宙(霊的世界)の中に、有限の宇宙(物質界)があるのです。

 

ですから、いわゆる「この世」と「あの世」は、ドアを隔てて分かれているというのではありません。「あの世」という海の中に、「この世」という島がちょこっと浮いているのです。それを、みなさんは逆に考えている。この世が主で、こっちからあっちを見ようとしている。ですから、いつまで経っても「真理」を掴めないし、オカルト現象を畏怖したり、逆にありがたがる性癖が抜けないのです。

 

でも、視点を真逆にすれば、不思議などどこにもない、ということも解るし、そんなものに興味もなくなってしまうのです。すべては一者ということが解るからです。同時に、生命も、存在も、愛も、法則も、全部は同じものの違う表現であるということが解る。ただ頭で解るというのではなくて、魂が完全に同化して、まったくその通りだということが全身で解る。

 

だから、あなたもそうお成りなさい。

 

その時に、みなさんは知ることになります。地球という惑星に暮らすあなた方の、生命や、存在や、愛や、健康や、法則や、善や、自由や、正義や、神に関する定義が、いかに狭く偏見に満ちたものなのか。「物質界」という限定された世界でしかものを考えられないから、それらの定義も、みな限定されたものになっているのです。そして、その偏見を真実だと思い込んでいる。

 

ではどうすれば、頭ではなく、「魂」で、全身の感覚で、それが解るようになるのでしょう? それには、静寂に身を置いて、ご自分の内をひたすら見つめることです。瞑想をしなさい。内観を徹底してごらんなさい。よい喩えが見つからないのですが、油揚げの皮を裏返しに包んだ稲荷ずしを見たことはありませんか。ちょうどあれのように、自分の内を深く深く見つめていると、それがクルッとひっくり返って大宇宙になってしまうのです。

 

ヘルメスの「下は上のごとく、上は下のごとし」とはこれのこと。

あなたの内側に大宇宙があるのです。「大宇宙(macrocosm)」と「小宇宙=人体(microcosm)」は、相似形を為しているのです。

 

物質界に生きている限り、人は物理的な制約を受けます。それを無視しろ、と言っているわけではありません。むしろ、物質界を生きるための乗り物である身体を、もっといたわりなさいと今までも言って来ました。ですから、この機会に、身体をいたわることをさらに学習してください。

 

乗り物をぞんざいに扱っていては、クリエイティブな体験は出来ませんし、内観もうまくできません。ですから、そこはちゃんとケアした上で、意識の世界を探求してください。では、次回の『PEACE DOME』でご一緒しましょう。