by Rainbow School
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 良い人になることで乗り越えようとしても上手くはいかない | main | 須磨穂を捨てよ、町を出よう >>
戦争屋と権力者

1961年1月17日、アメリカ合衆国第34代大統領であったアイゼンハワー(Dwight David Eisenhower、1890 - 1969)が、テレビカメラを前に歴史に残る退任演説を行いました。アイゼンハワーは陸軍出身の政治家で、第二次世界大戦では連合国遠征軍最高司令官を務め、あのノルマンディー上陸作戦を指揮しました。また軍歴では最高位である元帥にまで登りつめました。

 

アイゼンハワー本人は、当初は政治家になる気などまったく無かったということなのですが、人望が厚く、周囲に乞われるようにして選挙戦に担ぎ出され、あれよあれよと言う間に大統領に就任したのです。ダグラス・マッカーサーが、大統領の座を切望していたのになれなかったのとは、ちょうど対照的です。アイゼンハワーは、フィリピンではマッカーサーの副官を務めていたのです。

 

さて、この時の演説がなぜ歴史に残るエポックだったかと言いますと、この退任演説の中で、アイゼンハワーが史上初めて「軍産複合体(Military-industrial complex)」という言葉を用いて、その存在と、高まる影響力についての懸念を表明したのです。退任が決まっていたとは言え、こうした発言を行うことは非常に勇気のいることです。アイゼンハワーは、遠回しに、そして遠慮気味に語っていますが、今ここで言っておかねば、という決意のほどが言葉の端々に感じられます。

 

この一部始終は、インターネットで観ることが出来ます。

翻訳:https://esotericsociology.blogspot.com/2018/01/d.html

動画:https://www.youtube.com/watch?v=1UAiqAZoMgQ

*動画はすぐに削除されてしまうかも知れませんので、もし消えていたら探してみてください

 

「軍産複合体(MIC)」というのは、軍事組織と兵器産業によって構成された複合体という意味です。しかし、兵器を開発するためには研究機関が必要であり、研究機関には科学者や技術者が必要です。また、政府からそのための予算をぶんどるには政界工作が必要となります。さらに、政界工作のためには、危機を煽るプロパガンダが必要であり、ここに外交専門家と、マスコミまでもがぶら下がった巨大機構を構成するようになったのです。

 

しかし「軍産複合体」はこれだけに留まるものではありません。そうした機構が身体だとすれば、それを動かす頭脳に当たるものもな必要です。この頭脳に当たる組織が、米国のCIA、英国のMI6、イスラエルのモサドといった諜報機関で、これが諜報ネットワークを作り全世界で軍産のための工作を行っているのです。この機関は、各国政府や財界にも深く喰い込んでいて、いわゆる西側は、全てその傘下に取り込まれている状態なのです。

 

日本も例外ではなく、戦後から今日に至る政財界のボスたちは、親米であればその存続を長く許され、少しでも反米の態度を取れば、スキャンダルをでっち上げられて業界を追われる身となるか、殺されるかして来たのです。しかし、日本社会のバックにそういう闇があるということを、今もって殆どの日本人は知りません。そうした真実は、長年に渡って秘匿され続けて来たのです。

 

最近になって、このタブーにも少しずつ風穴が開けられるようになって来ましたが、それを知る人はまだほんの僅かです。これは日本が島国であって、かつ国民の大多数が英語を解しないために、世界情勢に関してあまりにも疎いということと、その代わりとして、日本のマスコミが流している情報を、無条件に信じている人が未だに大勢いるためです。

 

マスコミを一切見なくなって十数年が経ちますが、日本のマスコミ報道の8割はどうでもよい話題、1割が日本政府のコントロール情報、1割が西側(軍産)が意図的に流しているフェイクニュースだと、私には感じられます。独断をお許し願えれば、それらを見て有益なものは何一つありません。むしろ有害ですらあります。視聴者の思考力、判断力を奪っておいて、偽情報で染め上げるのですから。

 

そのようなわけで、「愛国」を叫んでいる者が、実はいちばんの売国奴であるということが、国民には見抜けないのです。防衛意識を煽り立てている者が、実は戦争屋代理人であるということに気がつかないのです。彼らの本当の姿は、「愛国」どころか、売国民、売市民、売人間なのです。そして逆に、人類の融和や平和共存を語る人たちを「平和ボケ」と言っては小馬鹿にし糾弾するのです。それもこれも、みんな戦争屋のために。

 

*この言葉は本当は使いたくはないのですが‥‥。「国家」というのは単なる行政単位に過ぎないと思っておりますので、そこに思い入れはありません。「愛国」は「愛」の文字こそ使っていますが、結局は我々と他者を分ける分断思想であり、「愛地球」「愛人類」「愛宇宙」にはなりえないのです。

 

戦争屋(軍産複合体)が、なぜそれほど「戦争」をしたがるかと言いますと、一つには「戦争」というのは、軍産複合体にとっては、在庫一掃処分市、かつ新製品お買い上げキャンペーンに当たるからです。軍産は、現在では社会構造の基盤を構成するまでに成長しています。しかも、各国の政府予算から毎年巨額な金額を捻り出すのです。その構造を継続的に維持するためには、10年に一度は、大規模な戦争が必要になって来るのです。

 

このため、戦争屋とその傀儡である各国の政府機関内エージェントは、つねに隣国との緊張状態を演出する必要に迫られ、故意に危機を煽っては、国民から掠め取った税金で兵器を購入しているのです。そして購入するだけではなく、時々は在庫一掃処分を敢行しなければなりません。そのようにして引き起こされているのが「戦争」なのです。

 

もう一つには、西側の諜報機関が、共にユダヤ教、キリスト教という一神教を背景にした文化圏に属していることも、「戦争」の創造に大きな影響を与えています。これらのバックには狂信的なグループがいて、聖書の予言に基づいた形での「戦争」を熱望しているのです。CIA他の諜報機関ネットワークは、こうしたことのために謀略を計画して動き、そうして作った偽ニュースを、西側の報道機関が世界に一斉配信しているのです。

 

ある方がカウントしたのですが、シリアのアサド大統領が自国民に化学兵器を用いたというニュースは、今までに少なくとも18回は流されているということです。しかしそのニュースのどれもが尻つぼまりで証拠もないのです。最近、トランプ大統領が、ダーイッシュ(IS)の掃討作戦が完了したので米軍を撤退させると言いましたが、これは名誉ある撤退を演出したものであって、実際はISを作ったのはアメリカですし、駆逐したのはロシアなのです。

 

こんなことは、欧米人の半数はもう知っていることではないでしょうか。しかし日本人の大多数は未だに知りません。ですが、対岸の火事ではもう済まされない。シリア、リビア、イラク、そしてウクライナの街や家々を破壊し、一般市民を路頭に迷わせてグチャグチャにしてしまった西側の片棒を、日本人も担いでいるのです。私もあなたも、日本国に税金を払うということによって、この軍産複合体の謀略に間接的に加担しているのです。

 

この壮大な謀略によって、シリアでは1000万人もの人々が難民となり、地中海で溺れ死んでしまった人もたくさんいるのです。こんな非道が許されていいのでしょうか。中東から遠く離れた島国で、我関せずで、コタツでぬくぬくし続けていていいのでしょうか。少なくとも、今まで政府に騙され続けて来たことに、そして自分もこの戦争に加担して来たことに、日本人は気づかなければならないのではないでしょうか。

 

戦争が起こるたびに、その悲惨さを体験した人たちは、「もう二度とこんな戦争は起こしてはならない」と叫んで来ました。各国の名だたる芸術家が、平和の尊さを訴えかける多くの作品を創って来ました。ところが、二世代も経過してしまうと、またぞろ戦争屋の代理人を務める政治家が登場して、防衛意識と危機感を煽っては、人々をまた戦争へと駆り立てて行くのです。なんと「南無妙法蓮華経を唱えながら戦場へ行け」と主張する政治家だっているのです!

 

全く人間というものは、どこまでも愚かであって、学習効果というものがなかなか表れませんね。何度も何度も同じカルマを繰り返していて、ちっとも懲りない。いったいこれはなぜなのでしょうねぇ? あなたはどう思いますか? 一つは、いま言った「軍産複合体」による世界支配の構造というものを、人々が知らないためです。報道機関そのものが軍産側のプロパガンダ機関ですし、学校教育も然りですから、一般市民は全くの無知に留め置かれているのです。

 

でも、仮にその構造を多くの人が知ったとして、それで地上から戦争が消えるでしょうか? この世から戦争がなくならない本質的な理由は、実はもっと別のところにあります。それは、人々の「心」の問題なのです。たとえ一握りの戦争屋が、次の戦争を計画したとしても、それに乗る人々が一人もいなかったとしたら、戦争にはなりません。第三次世界大戦は防げるのです。

 

ところが、国家指導者が「戦争しかない!」と言うと、「いいね!」ボタンを押す人がたくさん出て来てしまうのです。911後のジョージ・ブッシュの演説を受けて、アメリカ人の多くが、テロとの戦いに「いいね!」ボタンを押したのをあなたも目撃したでしょう。人間には、そういう面があるのです。

 

現実というものは、つまるところ、その時々の人間心理の反映なのです。一人の周囲に起きている現実は、その人の心理がそれを創造しているのであり、同じように集団の集合意識が、世界の現実を想像しているのです。この関係は、全くの相似形です。一人の人間の中に眠っている闘争意識と、世界大戦における闘争とは、実は同じ理由に起因しているのです。小さいか、大きいか、一人のものか、集合意識か、の違いだけです。

 

ですから、戦争屋やその代理人が発する「防衛意識」や「愛国意識」の言葉に、自分の中にもある闘争意識、防衛意識、分離意識を刺激されて「そうだ!」と同調した人たちは、簡単にそこに乗っかってしまう。しかもこのギスギスした世の中で、ゾンビをぶち殺すことに快感を覚えるように飼育された子どもたちが大量に生産されているのです。こうした個々の闘争意識が集合して臨界点を超えれば、人々の望み通りに現実は「戦争」を創ります。

 

実に、ここに気づかない限り、地球から戦争は無くなりません。戦争屋と、その代理人である権力者は、人々をつねに戦争へと駆り立てます。権力者がそうするのは、危機や、防衛意識、愛国意識を煽ることが政権への求心力になるからです。それによって政権基盤が維持されますし、軍産からは裏金の報酬が得られるのです。戦争屋代理人は、口では「愛国」を唱えますが、国民を奴隷や家畜としてしか見ていないのです。

 

ペンタゴン・ペーパーズ』(原題:The Post)という映画はご覧になられましたか? アメリカがベトナム戦争の泥沼に入り込んでいた1960年代。国防長官だったロバート・マクナマラが、軍の形勢が悪いのを知りながら、これを隠して国民に嘘の戦況報告をしていた。映画はその機密文書の暴露を巡る攻防を描いたものです。

 

この中で、マクナマラがなぜ国民に嘘をついていたのか、ということが問われるのですが、その答えは、なんと「グレート・アメリカが負けるわけにいかない」という、ただのメンツだったのです。まるで、太平洋戦争中の大本営のようですが、この映画が訴えかけているのは、「そんなメンツのために、多くの若者を戦場に送って死なせたのか」という理不尽さに対する怒りです。

 

そして、このような戦争屋の基本体質は、今もってまったく変わってはいないのです。しかしアメリカには、「腐っても鯛」でまだ報道の自由というものがある。でも今の日本には、報道の自由はおろか、司法の公正さも、役人の遵法意識も何もありません。すべてが闇の支配者の言いなりという、まさに暗黒の政治状況が展開されているのです。

 

こうしたちょっとした角度変更が積み重なると、気がついた時には、もう元に戻せないほどのターンが行われているのです。ここで、日本人特有の性質が一役買うことになります。それは「空気」を読むということ。これは、権力者にとっては大変便利な仕組みで、集団をある方向にドドドーッと向かわせやすい一方で、いざコトが失敗した場合には、「あの時の空気には逆らえなかった」と、全部を「空気」の責任にしてしまえるのです。

 

事実そうやって、太平洋戦争時の戦争指導者たちの多くは、戦後になると言い逃れをして保身を図りました。極東国際軍事裁判で処刑された者や自決した者を除いて、生き残った指導者たちは、その後国内法で裁かれることもなしに、中にはCIAのエージェントとなることで政財界や学界に返り咲いた人物もいたのです。

 

その人物たちは、戦後の日本をアメリカの植民地奴隷国家にする密約をアメリカと結んで、その取り引きを条件に、その後の地盤を固めて行ったのです。こうしたことも、日本人の大多数は何も知りません。権力を志向する者というのは、自分よりも強い者にはおもねり、弱い者に対しては強圧的に振る舞うというメンタリティーを本質的に有しているのです。なぜなら、それが彼らのアイデンティティを支えるスケール(物差し)になっているからです。

 

さて、そこでです。なぜ地上から戦争が無くならないのか、ということの理由はいま言った通りなのですが、今日はみなさんに、もう一歩先の意味を考えていただきたいのです。そこで、あなたに質問をいたしましょう。一人の戦争指導者がいて、その人物の命令の結果、数百万人の命が失われたとします。では、その人物であった「魂」は、その後にどのよう運命をたどるとお思いですか? どのようなことを経験していくことになるとお思いでしょうか?

 

それほど大量の人命を奪うようなことをしたのだから、きっと、さぞかし大きな罰を受けることになるだろう。そう、あなたは思いますか? ところが、そうではないのです。この戦争指導者は、作戦司令室で、葉巻をくゆらせながら、さながらチェス・ゲームのようなものをやっていただけなのです。前線での殺し合いには参加していません。実際に前線に出て、殺し合いをしているのは、その命令で動いていた若者たちなのです。

 

つまり、自分を信じずに、誰かの命令に従って行動してしまう人間、言い換えれば自分をロボットにしてしまえる人間が、実際の殺し合いをしているのです。そして、死んだり傷ついたり、のちにPTSDになったりしている。ここに注目してください。あなたがもし神だったとするならば、ただチェスに興じていた者と、血みどろの殺し合いをしていた者とを、どのように見て、その「魂」をどのように指導してあげるでしょうか?

 

‥‥‥‥

 

「そんな馬鹿な! そんな理不尽なことがあるかい」と思うでしょう。

到底、納得がいかないでしょう。

でも、前に言ったことを思い出しみてください。

宇宙には、罪も罰もないのですよ。

ただ、カルマの法則だけがある。

自分で蒔いた種は、自分で刈り取らなければならない、という。

 

ですから、命令に従っただけとはいえ、人殺しをした人は、いずれは、やはりそのカルマを清算しなければなりません。けれども、頂点にいたところの戦争指導者が影響力を行使していたのは、自分の周囲にいた側近たちだけなのです。ですから、この戦争指導者は、周囲の者たちを操ったというカルマを、いずれは清算しなければならなくなるでしょう。

 

しかし、戦争全体がどうして起きたかと言えば、そこに参加した者たちの、各人の行動の集合が、そのようなものを創り上げたということなのです。

参考:人類支配の構造と、支配からの脱却

 

*お時間のある方は、マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画『華氏911』をぜひご覧になってください。戦争が持つこの構造が、とてもよく解ることと思います。

 

これが、「戦争」というものの、真に恐ろしい側面なのです。ヒトラーのようなある一人の極悪非道の戦争指導者がいて、その人間が、これから世界大戦の災いと、人類滅亡の危機をもたらすかも知れない、とあなた方は思っておられるかも知れません。結果としてそのように見えたとしても、決して、そうではないということなのです。一人では、絶対に戦争は起こせないのです。みんなの協力があって、初めて「戦争」という現実が、この世界に創造できるのです。

 

この点を、はたして人類が理解できるかどうかが、第三次世界大戦を回避できるかどうかのキモです。一人ひとりが、自分の中に眠る闘争意識を、ただ無分別に暴れさせるのではなく、「人間にとっての幸福とは何か」と、改めて思いを馳せてみればいいのです。その人の思いが、現実を創造する。これは真実です。あなたが心配をすれば心配が創造され、友愛や平和や幸福な世界を想像すれば、それらが創造されるのです。

 

戦争屋や権力者の文言に引っ掛かってはなりません。引っ掛かってバカを見るのは、結局あなた方なのです。彼らは、気まぐれなチェスをしているだけです。駒がどうなろうと大して気にはしません。霊的に言えば、まだその段階にある「魂」なのだということです。あなた方が、人類はみな兄弟、自分と他者は同じもの、ということを学習するために、もう一度「世界大戦」の悲惨さを味わう必要は、いささか足りともないのです。

 

もっと成長しなさい。もう戦争は充分したではありませんか。原爆だって、原発事故だって経験したではありませんか。それらが、あなたたちに幸福をもたらしましたか? 語らずとも解り切ったことです。この愚かさの輪廻をもう止めるのです。人類のカルマから脱出するのです。今がチャンスです。それには、あなたが先ず、率先して行動すること。周囲に愛を与えなさい。そして異質なものからは学びなさい。

 

そうすれば、あなたの周囲には、愛と平和の世界が創造されるのです。

 

----------------------------------------------------

 

●アイゼンハワーの退任演説からの抜粋

 

*「軍産複合体」に対する警告を語った後に、アイゼンハワーは次のような対抗案を語っています。残念ながら、ここで語られた理想社会というものはその後実現されず、ますます軍産の思惑通りに世界が動き、人類はいよいよ破局へと向かっていることがお解りいただけるでしょう。

 

これからも続くであろう長きにわたる歴史の中で、アメリカは、わたしたちのこの世界がますます小さくなっていきながら、とてつもない恐怖と憎悪に満ちたコミュニティとなることを避けねばなりません。そうではなく、相互に信頼と尊厳をもつことができる誇りある連合体にしなければいけません。そのような連合体では、人々はみな平等であるに違いありません。(中略)

 

世界中のすべての人々へ、わたしはもう一度、アメリカの祈りと切なる願いを申し上げます。わたしたちは祈ります。あらゆる信仰、あらゆる人種、あらゆる国家の人々が、満たされんことを。今は苦難にさらされている人々が、歓喜に満たされんことを。自由を渇望している全ての人々に、祝福があらんことを。

 

自由を得た人は、同時にそれを引き受けるという重大な責務を理解するでしょう。困難に陥った人々がいることに鈍感な人はみな、慈善活動を通じて理解するでしょう。貧困や病気、無知などの徴候は地球上から消え失せるでしょう。そうなった時には、尊敬と愛との固い絆によって保障された平和のもとに、すべての人々が一緒に暮らせるようになるでしょう。