by Rainbow School
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Q.「無償の愛」の人になるには? | main | 見透かされる恐怖心 >>
「我」という意識の進化

昨日の続きのような話になります。昨日は、「愛」にも三段階があるという話をしました。「情愛」→「博愛」→「神の愛」です。そして「博愛」の人になるためには、「情」を超えるんだということもお話ししました。実はこのことは、同時にあなたという「個」の変身も意味しています。つまり、あなたが変わるからこそ、あなたの「愛」のあり方も変わるのです。

 

この自己の変身を、同じく三段階で示したものが、「個我」→「真我」→「神我」です。あなたの本質である「魂」は、地上での体験学習の機会を得て、先ず「個我」というものを育てます。いわゆる自我の芽生えです。これは全体からの「分離」というところから出発していて、外の世界にあるものや、他の人間たちと、自分の意識が「分離」しているということを学ぶようになっていくのです。

 

この時、外の世界(社会や自然)や、他者との関係をどう捉えるかということにおいて、人により、様々な考え方の違いというものが生じて来るのです。ここには、その根本原因から、二律背反的な要素が常につきまといます。元々一つであったものが、個々の「魂」に分かれたわけですから、分かれて自由に動きたいという意識と、元に戻りたいという意識が絶えず混在しているのです。

 

この葛藤状態をどう治めるかという時に、「分離」という面に意識を集中させると、他者より勝りたい、他者を打ち負かしたい、他者を支配したい、という競争意識が強く働いて来るのです。一方、「分離」から来る「不安感」に心が動揺すると、一緒になりたい、誰かに頼りたい、導いてもらいたい、救ってもらいたい、という依存心が強く芽生えて来るのです。

 

通常は、この二つの意識の間を、殆どの人が行ったり来たりしているのですが、時に支配的な傾向に極端に偏る人や、依存的傾向に極端に偏る人が出てくるのです。しかし、いま説明したように、そうした感情が起こる原因は、あなたという「魂」が出現した根本理由にまで遡るのです。

 

ここで、なぜ一つであったものから、わざわざ「分離」したのか、という疑問が生じることでしょう。ずっと一つのままであれば、葛藤状態など生じずに済んだはずです。でも「魂」は、個々に分かれて放たれた。これは、そのことによって進化するためなのです。宇宙(神)は、宇宙自身が進化するために、自らを体験する冒険を新たに創造しているのです。

 

これを理解すれば、あなたという「魂」は、「個我」という状態から、次の段階へと移行します。わたしというものの、本質への目覚めです。このブログ上で、「あなたはあなた、わたしはわたし」ということをしばしば強調していますが、これは「分離」という面を強調したいわけではないのです。個々の本質に気がついて欲しいということです。

 

地上に生きて、葛藤を抱えているあなたの意識は、他人より勝りたいという感情と、一人では寂しいという感情の間を行き来します。それは非常に中途半端な状況で、あなたという個が、絶えず外からの刺激や情報に影響を受け続ける結果、なかなか自分の本質というものに気づけないのです。いわゆる「自分探し」が出来ない状態が続いているのです。

 

そこで、「あなたはあなた、わたしはわたし」なんですよ、と呼びかけているわけなのです。あなたという独立した「魂」は、誰からも制約や支配を受ける必要はないし、本質的に「自由」なのだということ。そのために、個別の「魂」として宇宙に放たれたのです。先ず、そのことを認識して、あらゆる束縛から離れて欲しいのです。

 

そして、自分とは何か、を知って欲しい。この気づきに至った状態が「真我」です。本当のわたし。英語では、ハイアーセルフ(高次元の存在であるところのわたし)です。

 

この気づきに至った時に、次の段階の意識が芽生えて来ます。他者と見なして来た者も、自分と同じように、それぞれの「魂」のわたしなのだということです。だとすれば、個々の「わたし」は全く平等であって、優劣の差などはそこにない。そのことに、さらに気づくようになります。すると、世の中にあるものが、違って見えて来るのです。

 

「あなたはあなた、わたしはわたし」から、「あなたもわたし、わたしはあなた」「これもわたし、あれもわたし、すべてがわたし」に変わって行く。周囲にいる人々、自然、生命の背後にはみな一つの共通したエッセンスが流れていることが、頭ではなく、体感として、感覚として、バイブレーションとして理解できるようになります。その時、あなたは「博愛」の人になるのです。

 

そして、すべてが一つだという意識が、体の中に入って一体となった時、その人は、ついに「神我」に至るのです。(*別の言葉では、ニルバーナ=涅槃です)

 

以上、見てきたように、「愛」の意識の発達段階と、「我」というものの発達段階には、相互に密接な関連があるのです。ですから、「無償の愛」の人になろう、「博愛」の人になろうと努力しなくても、あなたが「真我」に目覚めれば、自動的に「博愛」の人になっているのです。また逆に、「博愛」の人になった時、その人は「真我」に目覚めているのです。

 

今日ここに、シンプルで奥深い法則が明らかにされました。あなたも、この法則を体に入れて、「博愛」の人を目指してください。そうすれば、人類は変わります。地球は変わります。

 

●関連

「無償の愛」の人になるには?